長く勤めた自分にしか書けない、そんな記事を。

仕事は「運」と「縁」

2020/11/01
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
たく かずと(ペンネーム) 某県で20数年公衆衛生獣医師として勤務し、退職。 家族とともに地元の自然と旬の味覚を存分に味わう日々を楽しんでいます。

小動物の獣医師になりたいと思って獣医師を目指して一生懸命勉強し、なんとか獣医大学に入ることができた。
そしてあとは国家試験を突破して就職口を見つけてその道の獣医師の修行を辛抱しさえすれば、自分の思った通りの暮らしができるんだ、と思っている方、いませんか?

残念ですが、それは大きな勘違いです。

あなたが獣医大学に入れたのは、たまたま受験勉強に耐える資質を持ち合わせていたからです。
そしてそんなあなたはその資質を最大限に発揮して、今度は国家試験を突破するでしょう。
その資質を両親からいただくことができたのは、あなたの「運」です。

資質を持ち合わせていなければ、学問であれスポーツであれ、起業であれ、どんなに努力しても結果を伴うことはありません。
むしろ努力する過程で自らを疲弊させ、傷付けていきます。

人生は長い。
長い時間を生きていくために皆、何か仕事をしてお金をもらわないといけないのですが、資質のない仕事では、たとえ努力の結果就くことができたとしてもつらい日々が待ち受けているだけです。

「自らの資質に気付き、それを受け入れ、向き合う」
仕事を見つけるためには、そして生きていくためには、これが一番大切です。

いろんな職場や人物と実際にぶつかり合うことでしか、自らの資質に気付くことはできません。
ぶつかり合いの中で傷付くことは避けられませんが、どうか傷付くことを恐れないでください。
必ずあなたの中の何かを見つけることができます。

そして仕事を続けていけること。

これには資質を備えていた「運」に加え、人や職場との「縁」が必要です。

就いた仕事にどんなに資質を兼ね備えていたとしても、あなたを理解し、支えてくれる人があなたの職場に全くいなければ、やがてあなたの気力が底を尽き、その仕事を続けていくことができなくなります。

そして「縁」は職場の外にだってあります。

そうです。
長い人生をあなたと共に生きてくれる素敵な人が現れる。そして家族ができる。
家族を大切にしたいという新たな原動力を得て、やりがいを実感できていなくても今の仕事を続けていける。
あるいはより大切にするために、転職を決意する。

こうした「縁」に支えられて、人は仕事をし続けているのです。

自分の意識とは全く別の、どうにもならないもの。
それが「運」と「縁」です。

来春、新たな職場に向かうみなさんへ。

怖がらないで自らの「運」を試してください。
そしてあなたの周りにいてくれる方々との「ご縁」を大切に。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
たく かずと(ペンネーム) 某県で20数年公衆衛生獣医師として勤務し、退職。 家族とともに地元の自然と旬の味覚を存分に味わう日々を楽しんでいます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元公務員獣医師拓一人のブログ , 2020 All Rights Reserved.