長く勤めた自分にしか書けない、そんな記事を。

マンガ、アニメ、ドラマが公務員獣医師を救う!

2020/11/01
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
たく かずと(ペンネーム) 某県で20数年公衆衛生獣医師として勤務し、退職。 家族とともに地元の自然と旬の味覚を存分に味わう日々を楽しんでいます。

公務員獣医師のなり手がいない。
さあどうする?

暮らしの利便性が高いという理由で人気のある首都圏の自治体はともかく、地方の自治体は本当に深刻です。

そこでひとつご提案。
「公務員獣医師を主人公にしたマンガかエンタメ小説、誰か書きませんか?」

獣医師の仕事が世間の脚光を浴びたいくつものイベントを思い出してみて下さい。

私の大学受験の頃は、北海道のキタキツネを美しい映像で映画化した「キタキツネ物語」が公開されて大好評となり、竹田津実という獣医さんの存在が広く伝わりました。
そして佐々木倫子さんのマンガ「動物のお医者さん」で小動物臨床を目指す学生さんがそれこそドカンと増えました。
世間一般の獣医さんのイメージって、まあ「動物のお医者さん」であったり、「獣医ドリトル」だったりするんですよね。
私自身、獣医の大学を受験した時はおろか卒業するまで、公務員獣医師を目指そうとなんてこれっぽっちも思ってませんでした。

なぜか。

家畜保健衛生所、食肉衛生検査所、保健所、動物愛護センターに勤務している公務員獣医師の存在を、世間の人がほとんど知らないから。
そして公務員獣医師の仕事の中にあるキラキラしたものが、世間一般の小さな子供やお年寄りに全然伝わっていないからです。

まず伝えなきゃ、誰もなろうとなんて思うはずもないのです。

お話は、重いテーマやメッセージなんてのは、この際二の次。
記憶に残る強烈なキャラクターが仕事の中で時折壁にぶつかりながらも生き生きと成長していくお話。
お笑い満載で、ちょっとエッチでもいい。
小さい子にも伝わりやすくて楽しく読めるエンターテイメント性が何より大切だと思います。

そして原作が世間の耳目を集めたら、今度はアニメ化、ドラマ化、いやいや映画化!(妄想爆走中!)

マンガ原作を公募している小説サイトもあります。
公務員獣医師という職業に興味のある漫画家さん、ライターさん、あるいは腕に覚えのある現役獣医さん、ぜひぜひチャレンジしてみて下さい!

ひょっとしたら大当たりするかも。
そんときは企画料でも下さいね!(ウソウソ、大笑)

「志を共にする同志か、傲慢冷酷になれるトップが欲しい 」に続きます。)

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
たく かずと(ペンネーム) 某県で20数年公衆衛生獣医師として勤務し、退職。 家族とともに地元の自然と旬の味覚を存分に味わう日々を楽しんでいます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元公務員獣医師拓一人のブログ , 2020 All Rights Reserved.